ガセリ菌で下痢になる

【ガセリ菌で下痢になる】これは副作用?乳酸菌配合製品の影響と効果

ガセリ菌を摂取すると下痢になる人がいる

ガセリ菌を摂取すると下痢になってしまう人がいます。

 

 

自分はガセリ菌SP株を配合した恵ヨーグルトをばくばく食べていますけど、下痢になったことはほぼありません。

 

ただやっぱりヨーグルトは冷蔵品です。
食べたことでおなかが冷えて、下痢がでたことは少なからずあると思います。

 

ヨーグルトを急いで食べたり、たくさん食べてお腹を壊す。
体が冷えているときに、冷たいヨーグルトを食べるとお腹を壊してしまい下痢がでる可能性はあります。

 

 

でもガセリ菌摂取で下痢になってしまう人は、そういうたまたまではなく
「ガセリ菌を摂取するとなぜかいつも下痢になる」
わけです。

 

そういう人って、わずかながらいるんです。
それはガセリ菌が悪いとかではなく、菌関係の製品に共通していることです。

 

 

たとえば、乳酸菌飲料として有名なヤクルト。

 

 

ヤクルトを飲んだら下痢になる人もいます。

 

ガセリ菌を摂取して下痢になる人は
「ヤクルトを飲んで下痢になるなんて、んな馬鹿な」
なんて思うかもしれません。

 

でも、乳酸菌を配合した製品になると、わずかながらいるんですよ。
食べたり飲んだりすると、下痢になってしまう人が。

 

 

実際ガセリ菌で下痢になってしまう人も、他の人からしたら
「そんなのおかしい」
と思う人がほとんどだと思います。

 

でもガセリ菌を摂取すると下痢になってしまう人が実際にいるわけですよね。

 

 

簡単にその原因を説明するのなら
【乳酸菌との相性が悪かった】
で済ませることができます。

 

乳酸菌の種類と人は相性があります。
でもそれだけで済まされると、なんかもやっとしますよね。

 

 

 

 

 

続けているうちに治ることが多い

食べると下痢になってしまうものって、人によってあったりします。
たとえば、自分は一時期ポテトサラダを食べたら、その後下痢になっていました。

 

でも今はポテトサラダを食べても下痢になったりはしません。

 

 

だから、今ガセリ菌を摂取して下痢になってしまう人も、続けているうちに下痢にならなくなる可能性は高いです。
忘れたときにガセリ菌を摂取してみたら、下痢もなにもならなくなる可能性もあります。

 

まぁガセリ菌を配合したヨーグルトに、悪い雑菌が入っているというオチではなければ大丈夫です。
そして悪い雑菌が入っているのなら、ヨーグルトがすっぱくなっているのですぐにわかります。

 

 

バニラヨーグルトという、とても甘いヨーグルトでも、雑菌が入っていたときはすっぱく感じましたから。

 

 

ヨーグルトが悪くなっているのなら、一口でわかると思うので。
食べてみてすっぱくないのなら、それは問題はないです。

 

下痢が続くようなら、食べるのをやめればいいだけです。
無理して下痢が続くのに、ガセリ菌の摂取を続ける必要もないと思います。

 

 

また気が向いたときにでも、ガセリ菌を配合したヨーグルトを食べてみてください。
そのときはたぶん大丈夫かと思います。

 

「ガセリ菌を摂取したら下痢になる」
という人は、ちょっとガセリ菌から離れたほうがいいかもしれません。

 

そうすることで、再びガセリ菌を摂取したときに、問題ないようになることもあります。
人間の体というのは、あまり変わっていないようで、結構変化するものですから。

 

 

 

 

 

なぜ下痢になるのか確かなところは謎

なぜ乳酸菌関係の製品を食べると、わずかながらの人なんですけど、下痢になったりするのか?
その確かなところは謎です。

 

でも考えられる原因はいろいろあります。

  • 乳酸菌との相性が悪い
  • 腸が動いて下痢がでる
  • 宿便がでている
  • ヨーグルトでお腹が冷えておなかを壊す
  • ヨーグルト以外の食べ物に原因がある
  • 下痢になるのではないかという精神的不安

ほかにも考えれば、いろいろ候補はありそうです。

 

 

基本ガセリ菌は下痢になるよりも、腸内環境を整え下痢予防になるものです。
乳酸菌が腸内環境を整えて、腸が正常に働けば下痢ではなく固形の便がでるはずなんです。

 

 

でも、自分は毎日ヨーグルトを食べていますけど。
それでもお腹の調子が悪くなったり、下痢になったりもします。
もちろん、それはヨーグルトのせいでお腹の調子が悪くなったり、下痢になったりしているわけではないと思います。

 

でもヨーグルトを毎日食べていても、お腹の調子が常に快調なわけではないんですよ。
人間歳をとりますから、いくらヨーグルトを食べていても肌が若いままでいられることは無理だと思います。
いくら免疫力を高めようとしていても、病気になってしまうこともあると思います。
そういうものなんです。

 

 

ガセリ菌を摂取すると下痢になってしまうのなら、別の乳酸菌を摂取すればいいと思います。
ガセリ菌にこだわりがあるのなら、ガセリ菌をもうちょっと続けて様子をみてみるのもいいと思います。

 

でも、一度
「ガセリ菌を摂取したら下痢になるんだけど!」
というイメージがついてしまうと、それを払拭するのは難しいと思いますね。

 

人間なんでも苦手意識があると、なかなかうまくいかないものです。

 

 

 

 

下痢になるのはガセリ菌の副作用?

下痢になってしまうと
「ガセリ菌の副作用では?」
と思う人がいるかもしれませんけど。
副作用ではないですよ。

 

 

もしそれで副作用といえてしまうのなら、自分のさっきのケースで言えば
「ポテトサラダには副作用がある!」
といえてしまいます。

 

ポテトサラダを食べている人に
「ポテトサラダを食べたら下痢になる副作用がある!」
なんていったら、ボコられると思います。

 

 

なので、ガセリ菌を摂取して下痢になったとしても
「副作用だ!副作用だ!」
というのは、クレームをつけているような感じな気がします。

 

 

まぁ実際下痢になっているのだから
「食べたら下痢になりました」
というのは、セーフだと思います。

 

でもそれ(下痢になること)を
「副作用だ」
と言ってしまうのは、ちょっと違うと思いますね。

 

基本乳酸菌は安全性の高いものです。
下痢になってしまってもその後にお腹の調子がいいのなら、良い影響がでているのかもしれませんし。

 

 

乳酸菌の効果を大げさにいう人(メーカー)が増えたので、薬と勘違いしてしまう人がいますけど。
ガセリ菌は乳酸菌です。
人間の腸内にはたくさんの腸内細菌がいるので…。

 

相性が悪かったとしても、効果を実感できないぐらいで。
悪い影響がでることは、滅多にないです。


ホーム RSS購読