ガセリ菌SP株の肝臓への効果

【ガセリ菌】肝臓への効果!内脂肪を落として脂肪肝にも好循環

ガセリ菌SP株と肝臓

ガセリ菌SP株は内脂肪を落とす効果があるとされている乳酸菌です。

 

 

 

一般の人はこれをみて
「ダイエットに効果がありそう」
と感じると思うんです。

 

でも脂肪肝の人には
「肝臓に効果があるのでは?」
と考える人もいるようです。

 

 

実際ガセリ菌SP株を摂取して、脂肪肝が改善したという人もネットではいましたが。
そのためには、ガセリ菌SP株だけではなく、私生活から改善するのが重要だと感じました。
逆にいえば、ガセリ菌SP株はあくまでもサポートな感じです。

 

ただ、内臓脂肪が多いよりは少ないほうが、どんな人でも良いのは当然だと思います。
逆にいえば、内臓脂肪が多くてうれしい人なんて誰一人いないかと。

 

脂肪肝の人は内脂肪が気になっている人もいると思います。
内脂肪が多い人は、内脂肪を落とすことで、脂肪肝にも良い影響がでる可能性はあると思います。

 

 

いや、なんどもいいますけど
【内脂肪が多くて良いことなんてない】
でしょ。

 

だから、脂肪肝だからとかではなく。
内脂肪が多いのなら、どうにかすべきだと思います。

 

 

 

 

 

確実に効果があるとはいえない

ガセリ菌SP株の効果は、あくまでも内脂肪を落とす効果があるというものです。

 

 

ガセリ菌SP株が肝臓に効果があるという実験結果はでていないはずです。

 

 

でもさっきも言いましたけど。
内脂肪が多いのと少ないのでは、少ないほうがいいと思うんです。

 

なので、実験結果が発表されていないから効果がないとかではなく。
内脂肪が多いのなら、内脂肪を少なくする努力をするのは悪いことではないと思います。
用は肝臓に良い影響が出る可能性は高いってことですね。

 

 

あくまでも可能性の話になってしまいますけど。
健康に良いことをするというのは、悪いことではないです。
むしろそういうことを積み重ねて、人間健康意識が高まり、より体に良い影響がでやすいです。

 

人間1つ悪いところができると、悪循環で悪いところがたくさんでてきます。
逆に人間良いところが1つできると、好循環で体の調子がどんどんよくなります。

 

内臓脂肪を落とそうとすることが、肝臓に無意味だとは思わないです。
ただそれが確実に効果があるのかどうかは別の話というか。

 

ガセリ菌SP株は内臓脂肪を落とす効果があるとされていますけど。
その効果だって、確実に効果が実感できる保障があるわけではありません。

 

 

 

 

 

ガセリ菌SP株以外が大事では?

「ガセリ菌SP株で脂肪肝がよくなった」
みたいな記事を見ましたけど。
自分が感じた点としては

 

  • 以前の食生活が悪かった
  • ガセリ菌SP株以外でも私生活が変わった
  • あくまでもガセリ菌SP株は対策の1つでしかない

こんな感じでした。

 

 

そもそもタイトルでは
「ガセリ菌SP株で脂肪肝が〜」
なんて書かれていましたけど。
記事の中身をみれば、ガセリ菌SP株を配合したヨーグルトなんてちょっとでてきただけでした。

 

 

記事をよく見ると
「深夜に食べるのをやめた」
とか書いてあったので。

 

むしろいままで深夜に食べ物を食べていたのなら。
それだけをやめただけでも、大きな変化があらわれるのは当然な気がするというか。
ガセリ菌SP株摂取よりも、深夜に食べるのをやめたほうがよっぽど効果があるでしょ。

 

自分は深夜に食べ飲みすることなんて、1年に10回もないですよ。
いや、仕事の関係で深夜に食べないといけない人もいると思いますけど。
寝る前に物を食べたら目が冴えないか?

 

 

逆に考えてみてください。
内臓脂肪を落とすガセリ菌SP株を含むヨーグルトを食べていても。
深夜にものを食べて眠っていては、内臓脂肪はつくのでは?

 

 

いや、むしろ内臓脂肪を落とすガセリ菌SP株を含むヨーグルトを。
深夜に食べたとしたら、健康にプラス効果とマイナス効果どちらがでるのか…。

 

 

どんなに健康に良いものでも、寝る前に物を食べるというのはよくないことな気がします。
というか、よく深夜に物を食べて、すぐに眠れるな…と思うんですけど。
まぁ食べたらお腹いっぱいになって、眠くなることもあるか…。

 

 

結局大事なことは、ガセリ菌SP株がどうとかではなく。
私生活から改善することだと思います。

 

ガセリ菌SP株はサポートぐらいに考えたほうがいいと思います。
それが脂肪肝への効果ではなく、内臓脂肪を落とす効果であってもです。

 

ガセリ菌SP株を摂取しても、食べ過ぎ、まったく動かない。
そんな生活をしていれば、内臓脂肪はついていくでしょ。

 

 

ただ内臓脂肪は落としやすい脂肪だと言われています。
なので、ガセリ菌SP株で落とすことは可能というか…。

 

「内臓脂肪を落とすぞ!」
と本人がやる気になれば、内臓脂肪って落ちるものなんだと思います。
結局は本人がやるかやらないかな気がします。

 

ガセリ菌SP株に興味を持つというのは
【内臓脂肪を落とそうとやる気になっている】
ということだと思うので、効果を実感する人は多いように思いますね。

 

 

乳酸菌は腸に良いとされています。

 

ガセリ菌SP株も内臓脂肪を落とす効果があるとされていますけど。
メインは腸への影響の効果だと自分は思っています。

 

 

もしかしたら、内臓脂肪を落とすなんていうのは。
ガセリ菌SP株を摂取しなくても、本人がやる気になれば落ちるものなのかもしれません。

 

 

実験結果ではガセリ菌SP株を摂取したグループが内臓脂肪が落ちたのは確かなことだと思います。
でもプラセボヨーグルトのほうのグループは内臓脂肪が落ちなかったのは、単にそのプラセボグループにやる気がなかったからでは?

 

 

実際こういう実験や研究をガチでやると。
プラセボ薬のほうでも、ある程度は効果があるんですよ。

 

それは本人が
「これは健康に良いものだ」
と思うから、その意識から健康に良い影響ってでやすいわけです。
なのでプラセボヨーグルトのほうでは、逆に内脂肪が増えているというのは違和感を感じます。

 

 

普通に考えれば。
ガセリ菌SP株を配合したヨーグルトほどではないにしても。
ある程度は内脂肪が減った結果がでないと違和感を感じます。

 

この結果では、ガセリ菌SP株を配合していないヨーグルトでは
「むしろ内脂肪が増える」
ということも考えられてしまいます。
それはやっぱりおかしいと思います。

 

 

脂っぽい肉にガセリ菌SP株を配合したヨーグルトをかけて食べれば、内臓脂肪が落ちるのか?
それもおかしな話ですよね。

 

 

そもそも内臓脂肪の落とし方というのは

  • 摂取カロリーを控える
  • 有酸素運動

この2つは有名なので、結果を出そうと思えばガセリ菌SP株以外のところで差を出せばいいだけです。

 

ガセリ菌SP株を配合したヨーグルトを食べさせたグループに
「摂取カロリーには気をつけて」
「有酸素運動を最低1時間はしてください」
この2つを注文するだけで、あからさまに差は出るはずです。

 

ガセリ菌SP株摂取のグループと、プラセボヨーグルトのグループがまったく同じ私生活や食事をしているのなら話は別ですけど。
その可能性は低いと思います。
そこまで拘束して大勢を実験対象にすると、実験費が馬鹿にならないですからね。

 

 

いやそういう
「ズルな実験結果なのでは?」
と言いたいわけではなく。
内臓脂肪を落とすのは、私生活のほうが重要になるというか。
そっちがむしろメインだと思ったほうがいいってことです。

 

 

人間生きていますから。
ガセリ菌SP株を配合したヨーグルトや乳酸菌飲料だけ食べているわけではないですし。
運動の影響もあると思います。

 

だから、やる気になれば内臓脂肪は落ちます。
逆に考えると、やる気にならないのなら内臓脂肪は落ちないわけで。
自分はガセリ菌SP株だけで変わるほど人間の体は甘くはないと思っています。

 

 

自分は毎日ヨーグルトを食べていますけど。
ジョギングをしたり、普段の食事のバランスにも気を使っていたりします。

 

それでも体調を崩すことがあるわけですから、人間の体には限界がありますよ。
どんなに健康に気を使っていても、時間と共に老けますし。


ホーム RSS購読