ココカラケアの飲み方 噛んで食べれる

【C-23ガセリ菌】ココカラケアの飲み方!噛んで食べれる乳酸菌サプリメント

ココカラケアの飲み方

C-23ガセリ菌配合の乳酸菌サプリメントのココカラケア。

 

 

ストレスや精神系に効果があるサプリメントって、おそらく水と一緒に飲むものばかりだと思います。
でもココカラケアは水で飲むだけではなく、噛んで食べることもできる乳酸菌サプリメントです。

 

ココカラケアのパッケージにも、噛んで食べることができると明記されています。

 

 

むしろ先に
「そのまま噛んでお召し上がりいただくか、水などと一緒にお飲みください」
と書かれているので、水で飲むより噛んで食べるほうが普通というか、定番というか。
そういう感じなのでは?

 

 

まぁサプリメントを水で飲むのが普通だと思っている人にとっては
「噛んで食べて効果は大丈夫なの?」
と思うかもしれませんけど。

 

ココカラケアの精神的効果は、乳酸菌の効果によるものなので。
ヨーグルトや乳酸菌飲料でもそうですけど、普通に口の中から入れるわけで…。

 

まぁ噛んで食べても、それほど差はないと思いますね。
噛んで食べたら効果が薄いのなら、ヨーグルトや乳酸菌飲料の効果は低いってことになりますからね。

 

 

 

 

噛んで食べるべきか?

ただやっぱり水などと一緒に飲んだほうが
【口内に付着する乳酸菌は少なくなる】
と思うんです。

 

 

噛んで食べると、口内に乳酸菌が付着すると思いますけど。
さすがに口内に乳酸菌が付着しても、精神的効果は期待できないと思います。

 

ただ、虫歯予防というか、口内環境がよくなる可能性はありますよね。
噛んで食べると、口内環境がよくなる可能性があるので。
まぁそこらへんは人それぞれ好みだと思います。

 

 

ただ、やっぱりC-23ガセリ菌の精神的効果は腸が健康になり、そして脳への効果をうながすわけで。
口内よりも、腸のほうに多く乳酸菌を行き届けたいと思います。

 

なら、やっぱり水と一緒に飲んだほうが、噛んで食べるよりも乳酸菌の量的には多く送れるかと。
ただ乳酸菌を多く腸に送れば効果が高いのなら、ココカラケアの粒を大量に食べればいいだけなので。

 

1日2粒が目安になっている時点で、多くC-23ガセリ菌を腸に送っても、効果がそれほど大きく変わるとは思えないです。
まぁ気分的なものになると思いますねぇ。

 

 

 

 

 

水で飲んだほうが効果が高そうに思える

やっぱり水で飲んだほうが効果が高そうに思えますよね。
そしてストレスやら精神による効果を期待しているわけで、やっぱり良いイメージを持ちたいものです。

 

 

そう思うと、水と一緒に飲んだほうが精神的(プラセボ)効果を期待できる分だけよく感じます。

 

 

まぁ深く考えず、本人の好きに飲めばいいと思いますね。
噛んで食べて、効果が落ちるなんていうことはないかと。

 

ただ本人の中で
「噛んで食べるなんてお菓子みたいで効果がないだろ!」
と思うのなら、やっぱり噛んで食べる飲み方はよくない気がします。

 

まぁ乳酸菌サプリメントなんて、乳酸菌を配合したラムネ菓子なわけで。
お菓子なようなものなんですけどね。

 

ココカラケアを薬のようなものだと、勘違いしている人もいるかもしれませんから。
それはある意味、良い勘違いかもしれないので…。
そういうのは大事にしたほうがいいのかもしれません。

 

 

ココカラケアを噛んで食べると、ほんのりと甘い味がありますけど。
ほとんど無味ですね。

 

「味が苦手で噛んで食べれない」
なんていう人はいないと思います。

 

まぁ味が苦手なら、水などと一緒に飲めばいいだけなので。
なにも問題はないかと。

 

 

噛んで食べれるのなら、水が必要ないので。
外出先でココカラケアを飲むのが楽だと思います。

 

外出先でココカラケアを飲む人がいるのかわかりませんけど。
外泊するときに外出先でココカラケアを飲みたいという人もいるかもしれません。

 

ココカラケアを食べることで、緊張がほぐれる。
いわゆるおまじない的なものにしている人もいるかもしれないからなぁ。
そういう人にとっては、噛んで食べれるココカラケアは理想的だと思いますね。


ホーム RSS購読